心療内科の選び方と症状|病院の中にある内科や心療内科についての基礎知識

内科の中には身体だけでなく心をケアする病院もある

心療内科の選び方と症状

白衣の人

こんな心療内科のお医者さんには注意しよう

薬の効き目の説明が十分でないのに必ず飲むようにすすめるお医者さんや同じ効き目の薬をたくさん処方してくるお医者さんはあまりおすすめできません。心療内科で出される薬の中には副作用が強いものもあります。また薬を多く服用することで日常生活に支障をきたす場合もあるので、もしそういったお医者さんに会われたら、別の心療内科でセカンドオピニオンをされると良いでしょう。また、心療内科の先生は患者がどういった経緯で病気になったのかを聞き出したりとコミュニケーションを図って信頼関係を築くことが大事です。あまり話を聞かずに、一方的な診断を行うお医者さんにも要注意です。

鬱(うつ)とは

心療内科の患者さんに多い症状が鬱(うつ)です。この鬱の原因は未だに分かっていませんが、何らかの大きなストレスが脳の神経伝達物質に影響して脳の様々なバランスを崩してしまい、代謝が衰え脳の血行も悪くなってしまったり、ホルモンが低下したりすることがあります。鬱病の患者はとても多く、年々増えているのが現状です。この鬱とは、脳の機能がストレスなどの影響で低下し、日々の生活がまともに送れないほど感情が落ち込んでしまうので、症状としては体力や記憶力が低下したり、頭痛や腹痛などの身体の痛み、睡眠不足、食欲がなくなってしまう、体重が減る、自殺願望が強くなるなどがあります。このような状態が2週間以上続く場合は迷わず平野区の心療内科へ行くようにしましょう。このような鬱は早期発見と原因の究明を行い、対処方法を探すことが大事です。

鬱の治療方法

鬱と診断されたら、ほとんどのお医者さんは長期休養をすすめてきます。鬱の原因と考えられるものは主に仕事や人間関係です。日常生活で切り離せないものからストレスを感じて鬱になる傾向が高いので、まずは日頃の生活から抜け出し、ストレスと考えられる対象から離れて自分の生活リズムを正していくことが大事になります。休養期間はお医者さんと相談しましょう。他にも投薬を行うこともあります。主な薬は抗うつ薬や抗不安薬など、気分が落ち込まないような働きのある薬や、眠れない方には睡眠薬を処方します。また、心理療法や精神療法などで、カウンセラーと時間をかけて定期的に話したりして、マイナス思考な考えを変えていくようにサポートする療法です。時間はかかりますが、うまくいけば鬱になりにくい思考に変わることも出来ます。しかし受け身や変わろうとする意志がないとなかなか成功しませんので、本人の変わりたいという意志がある時に挑戦してみると良いでしょう。平野区にも心療内科の病院はいくつかあるので探してみてくださいね。

鬱にならないためにはストレスを貯め込まないこと

現代社会はストレスを抱えている人が多く、鬱病の方も年々増えています。そうならないために自分なりのストレス解消法を見つけておくと良いでしょう。例えば好きなことや趣味にとことん集中してみたり、太陽の光をよく浴びて、適度に運動したりすると効果的です。またストレスの対象となるものと距離をおくことが大事です。